看護部紹介

当院の看護

病棟看護師
槇野 照美

当院看護部では、グループ制プライマリーナーシングを導入しています。一人の患者さんをグループでケアするため、複数の意見や情報を共有して、患者さんのニーズに合わせた個別的看護を行っています。又、看護部だけでなく医師・リハビリ・薬剤師・管理栄養士やMSWの多職種が、毎日共同でカンファレンスを実施し、患者さんの状態やリハビリによる改善・回復状況を共有しています。急性期病院在職中は、患者さんに向き合った看護展開ができず、もどかしさを感じていましたが、当院ではリハビリスタッフと共に日常生活の評価を行い、回復されていく患者さんの様子を近くで見ることができ、日々遣り甲斐を感じています。回復期病院は殆どが予定入院なのでスケジュール管理がしやすく残業も少ないため、プライベートの時間も充実しています。

子育てとの両立

病棟看護師
玉村 奈美

以前勤務していた病院では、外来(救急外来)に所属していたので、患者さんと向き合う時間が少なく慌ただしく過ごしていました。その頃から、患者さんとじっくり関われる看護がしたいという思いが強くなり、回復期は未経験でしたが、初めての分野に飛び込んでみました。当院では思い描いていた「患者さん一人ひとりに向き合う看護」を実現できて充実した毎日を過ごしています。
プライベートでは子供が一人いますので、仕事との両立が不安でしたが、明るく優しいスタッフ達に仕事も子育てもアドバイスしてもらいながら日々の業務に励んでいます。定時帰宅も可能で、学校行事の時は休みを考慮してもらえるので助かります。
子供との時間もしっかり取れるので、仕事とプライベートをバランス良く両立できて満足です。

介護福祉士としての役割

介護福祉士
虻川 直美

介護福祉士の主な仕事は排泄ケア、入浴介助、安心安全に生活してもらうための見守り等があります。患者さんがリハビリの訓練に前向きな気持ちで取り組める環境をつくる縁の下の力持ちです。以前は施設で勤務していた私にとって、当院に勤務して大きく違うことは、多職種が連携し患者さんのADL、IADLを改善するために、大切な役割を持った一員として参加できることです。介護福祉士の知識や経験を発揮できるのが醍醐味です。入院期間が長期になる患者さんの満足度を大きく左右する職種だと自負していますので、季節に即したレクリエーションを行い、患者さんとの触れ合いを大切にしています。入院時に不安そうだった患者さんが笑顔を見せてくれた時や、見違えるほどADLが改善した患者さんから感謝の言葉をいただいた時、この上ないやりがいを感じています。

働きやすい職場

介護福祉士
小野田 志穂

看護師・介護福祉士・看護補助者の垣根がなく、スタッフ同士のコミュニケーションが取りやすい雰囲気なので、困ったことや分からないことは直ぐに相談できて働きやすい環境です。年間の休日が120日以上あり、休暇が取りやすいのでプライベートも充実できて嬉しいです。
患者さんには、リハビリの時間以外にもからだを動かしてもらえるように、毎日決まった時間に体操を行うようにしました。始めは硬い表情だったスタッフが徐々に慣れてきて笑顔になると、患者さんも楽しんで体操してくれるようになりました。折り紙や塗り絵などの指先を使う作業や、患者さんと一緒にレクリエーションの準備を行うこともあります。毎日リハビリ訓練を頑張り、少しずつできることが増える姿を見るたびに驚きと喜びを感じ、私自身の働く意欲と励みになっています。

私たちは、
葛飾区リハビリ医療の
フロントランナーとして
地域に貢献します

シェアする
  • FaceBookでシェアする
  • Twitterでシェアする